ウット(WUTT)効果・成分”副作用や依存性のリスク”とは?通販?薬局?販売店舗はどこ?

ウットの効果や依存性に関して知る

ウットは薬です。

伊丹製薬株式会社
お客様相談室
TEL 0740-22-2059
受付時間:9時から16時30分まで(土、日、祝日を除く)
副作用被害救済制度
0120-149931
製造販売元
伊丹製薬株式会社
滋賀県高島市今津町下弘部280

ウットを使用する際には、必ず用法・用量を守り、注意して使用する必要があります。

基本的最低限として、

  • 1日1~3回食後に服用して下さい。
  • 年齢 :大人(15才以上)=1回量:1錠
  • 年齢 :15才未満=1回量:服用しないこと

ということは守る必要があります。

ウットという鎮静剤とは

伊丹製薬のウット(WUTT)はストレスによるイライラやドキドキを鎮めてリラックス、気分を落ち着かせる為の指定第2類医薬品です。

ウットの商品説明を見ると、

複雑化する現代社会に伴い、色々なことで神経を使うことが多くなっています。このよ
うなストレスによって、様々な神経症状を引き起こすことが知られています。
ウットは、精神の興奮や神経衰弱などの鎮静を目的とした薬です。

と、書かれています。

ウットの成分”副作用や依存性のリスク”とは

ウットの成分は、

本品1日量(3錠)中=
ブロムワレリル尿素 250mg
アリルイソプロピルアセチル尿素 150mg
塩酸ジフェンヒドラミン 25mg

このほか、添加物として乳糖、トウモロコシデンプンを含有します。

と、なっています。

このウットの成分を見ると、睡眠改善薬のドリエルと同じ成分=塩酸ジフェンヒドラミン25mg含まれています。

ドリエルお試し口コミ・評判!成分に副作用のリスク(危険性)&効果なし(効かない)とは?

このことからウットを睡眠改善薬と思っている人もいるようですがウットはあくまで鎮静剤です。

どちらかというと・・・副作用としての催眠作用という感じでしょうか・・・そもそもは鎮静剤なのがウットです。

※とはいえウットの催眠作用の強さから睡眠薬として服用されていることも無きにしも非ずといったところです

と、またウットにはブロムワレリル尿素250mg含有されていることが分かります。

プムワレリル尿素は依存性や常習性が高くなっているのでそれなりのリスクもあります。

このことからも睡眠サプリの方がおすすめといわざる負えないでしょう。

ウットの効果・効能とは

ウットの効果・効能には、

頭痛、精神興奮、神経衰弱、その他鎮静を必要とする諸症

となっています。

先にも申し上げた様にウットはあくまで鎮静剤であり睡眠薬・睡眠改善薬ではありません。

ウットの通販でも薬局でも買える(販売店舗)?

ウットはマツモトキヨシなどの薬局やドラッグストアなどの実店舗でも販売されていますし、そのほかアマゾンや楽天などといったインターネット通販でも購入することが出来ます。

ウットは基本的にどこでも買えるものとなっています。