気になる機能性表示食品の睡眠サプリメントの効果とは?良いのor悪いの(効くor効かない)?

機能性表示食品の睡眠サプリは効果があるの?

気になる機能性表示食品の睡眠サプリメントの効果とは?良いのor悪いの?ということですが・・・いきなり結論から言います。

機能性表示食品のサプリメントだからといって良いも悪いもありません。

・・・というかそれだけでは何も決められません。

それがなぜなのか?ということをこのページでご説明いたします。

機能性表示食品とは一体何なのか?

そんな気になる機能性表示食品とは、

『機能性表示食品というのは事業者の立場からの責任として”科学的根拠をもとに商品パッケージに具体的な機能を表示する許可を消費者庁から得ている”というものです。

例えば、機能性表示食品という表示があるものとないものの別々(商品が違う)の睡眠サプリメントがあるとして、でも有効成分を見ると全く同じ成分の睡眠サプリが販売されている・・・。

その理由は機能性表示食品の届け出を出しているかどうかの違いです。

機能性表示食品のカラクリとしては・・・この”届け出”を『出しているor出していない』というその差だけのこととなります。』

というだけです。

機能性表示食品の睡眠サプリメントは選んではいけないの?

ちなみに当サイトでも紹介している、

※リンクをクリックすると当サイトの商品詳細ページへ行くことが出来ます

などの睡眠サポートサプリメントは機能性表示食品のものとなります。

勘違いしないでほしいのは”機能性表示食品の睡眠サプリを選ぶな”というわけでなく”しっかり含有されている有効成分を見ることが大切”であるということなのです。

機能性表示食品の睡眠サプリメントだから効果があるなしは関係ない

つまり”機能性表示食品だからといってその分効果がある!”ということには繋がらないわけです。

機能性表示食品という、なんとなく効果がありそうな言葉に踊らされて勘違いしてしまいがちですが、

  • 機能性表示食品ではない睡眠サプリメントは効かない
  • 機能性表示食品の睡眠サプリメントだから効く

ということでもありません。

睡眠サプリメントは配合される有効成分で選ぶ

睡眠サプリメントを選ぶ際に機能性表示食品かどうかというところは関係なく、その睡眠サプリメントにあなたが求めるあなたに必要な有効成分が配合されているかどうかというところがポイントになるのです。

睡眠サプリに配合される有効成分の含有量に注目

世の中に市販されている睡眠サプリメントには基本的に、

  • グリシン(熟睡サポート、深い眠りへのサポートの効果への期待ができる)
  • GABA(ストレス軽減効果への期待ができる)
  • L-テアニン(疲労感の軽減=スッキリとした目覚めへの効果への期待ができる)
  • メラトニン(体内時計を正常に戻す効果への期待ができる)
  • ラフマ(抗うつ、抗不安効果への期待)

などといった睡眠をサポートする成分が含まれています。

※上記の有効成分は睡眠サプリメントに必ずといっていいほど含有される成分となります

ですので睡眠サプリメントを選ぶ際にはその成分の含有量などもチェックすることがおすすめです。

機能性表示食品<睡眠サプリに配合される含有量&バランス

まずはその睡眠サプリメントの主成分には何が使用されているか?やそのほかの成分の含有量があなたの悩みとマッチしているか?ということは睡眠サプリメントを選ぶ上で大きなポイントとなります。

はっきり言ってここ(睡眠サプリの成分の配合量)のポイントを押さえておくだけであなたの睡眠サプリメント選びの失敗はほぼほぼなくなるかと思います。

ここを押さえておくことで『機能性表示食品という”なんとなく良さそう”な言葉』に踊らされることもない様になるはずです。

睡眠サプリメントはコスパ&相性も大事

そのほか、

  • 長期的に続けられるコストパフォーマンス(価格も睡眠サプリメントを選ぶ上では大切なこととなります)
  • 睡眠サプリメントの選び方で最も大切なことは自分自身との相性(味や匂いなどの好み)

といったことも睡眠サプリを選ぶポイントになってくるところです。